【パチンコ:オススメ】今、勝てるライトミドル!【2022年2Q版4~6月号】

どうも!こう見えて実は勝てているKUNIOです。

ライトの方も人気が継続していて、稼働も好調のようです。
スペックに関してはミドルのようにMAX出玉に拘らなくてよい分、試行錯誤の結果が見られて多様で面白いものが多いですね。
台選びの際、夕方から実戦が多いサラリーマンにとってちょうど良いスペックとも言えるライトは、スペックをしっかり把握してから戦いたいですね。
ミドルよりボーダーが高めだったり釘が悪かったりする事も多いと思いますので、そこらもしっかりチェックしてから挑みましょう。
「まあミドルより軽いし当たるやろ」と思ってしまうのがマイナス稼働の原因ですので、ボーダーは最低限意識してください。
単にボーダーのみ見て甘いという判断は危ないので、各機種の説明をご覧ください。
当ブログでは、サラリーマンやりながらも趣味として楽しんでしかも勝つ!というのを方法や実践値を交えて皆さんに発信していけたらと考えています。
2022年の4月~6月にお世話になった機種、勝ちやすいと感じた機種をランキングで紹介していきます。夕方からの立ち回りの参考にしてみてください。

↑パチンコしながらゲームするなら↑
こういった放置系ゲームがオススメですよ!

1.Pとある科学の超電磁砲

大当たり確率 : 1/239
ボーダー : 18.5/k
ラッシュ突入率 : 約50% (ラッシュ直行7%+自力突破約46%)
ラッシュ継続率 : 80%
最大ラウンド:比率 30R/約4500玉:1%
※約2000発以上の大当たりが50%
遊タイム : 無し
ライトミドルのカテゴリーに入れるか悩むスペックではありましたが入れました。
今や大人気機種といった感じで稼働も良好ですね。
ライト寄りの初当たり確率にミドル並みの出玉感で爆発の夢があるスペックです。
遊タイムが無い為、すごいハマりを見かける事もありますが、すごい出玉を見かける事も多々あります。
初当たり時、時短100回転ですが1/239ではなく1/164になっているので50%近いラッシュ突入率となっています。
ラッシュに入れば1/68になるので継続率は80%となります。
アリアみたいな特殊なスペックですが、ヘソ賞球3個というのもあり、意外に安定してやれるスペックです。
ちなみに右打ちでの大当たりがまた特殊で、内部的には3回大当たりしており、2R:10R=80%:20%の振り分けで抽選されています。
20%の10R1500発を3回の大当たりで何回引いたかで600発(0回)・2000発(1回)・3000発(2回)・4000発(3回)の大当たりに見せているという仕様です。
振り分けのある大当たりに興奮するKUNIOとしては「ええ!?1回の当たりで3回も抽選しちゃうの!?坩堝なの?興奮の坩堝(るつぼ)なの!?」と大興奮間違いナシなのである。まさに一粒で三度美味しいのである。
オススメします。

2.P麻雀物語4


大当たり確率 : 1/219
ボーダー : 19.0/k
ラッシュ突入率 : 51%
ラッシュ継続率 : 91% (継続88.5%+時短50回転引き戻しの合算)
最大ラウンド:比率 10R/1000玉:20%
遊タイム : 659回転
これ、実は通常時がかなり速いです。
現状、キュイン告知のカスタムにしておく事でストレスなく打てています。
通常時が楽というのが回る台で粘る際かなり重要な要素ですので好んで打っています。
別に風上さやかが好きとかそういうんじゃないです。
初当たり後の時短70回転しかないですが、右打ち中1/99になっており約50%の引き戻し率となっています。
レールガンぽくて良いですね。
別に風上まどかが好きとかそういうんじゃないです。
遊タイムを狙う際の注意点ですが、「659回転」となっています。
当機種の時短は実際には普図抽選(ややこしいですが‥所謂「時短」ではないと思ってください)になっていますので、単発スルーしている台は表示回転数に約70回転プラスして729回転付近、連チャン後は表示回転数に50回転プラスで709回転付近で遊タイムと覚えておいてください。
この手の1ゲーム連系ラッシュの台で継続から漏れた時、時短が50回転ですがついてくるのはとてもありがたいですね。
しかし連チャン終わり後の50回転時短は確率が上がっておらず、1/219ですので引き戻し率は低いです。
それでも連チャン後なにもない機種が多い中、これはとても良いですよね。
麻雀物語4、KUNIOはオススメしちゃいます。
別に風上あやかが好きとかそういうんじゃないです。
いやマジで。ブヒィ。

3.Pフィーバー アイドルマスター ミリオンライブ! 39フェスver.


大当たり確率 : 1/199
ボーダー : 18/k
ラッシュ突入率 : 51%
ラッシュ継続率 : 80% → 94%
最大ラウンド:比率 9R/900玉:22%
遊タイム : 大当たり間500回転
ラッシュの継続率がうまくいけばランクアップするタイプです。
そのタイプの中ではかなり現実的だと思います。
最初のラッシュで終了の20%を引く前に22%の9Rを引くと晴れて94%の超39フェスに突入します。
よくあるランクアップ系の「STをスルーしてしまいチャレンジすら出来ない」という状況が生まれません。
バカボン・ヴァルブレイヴ(ライト)・ひぐらし彩、、、これらは全てスルーに怯えながら上位ラッシュを目指す必要があります。
しかしアイマスは必ず当たり、振り分け抽選の結果で決まるので「さあランクアップするかな…?」という審判の時が必ず訪れます。
しかも約1対1。むしろ1割程有利。
初当たりでラッシュ突入しなかった時に何もない&超39フェス突入しなかった時はほぼしょぼ出玉という辛さはありますが、遊タイムも500回転と浅い為スペックとしては甘め、という事になります。ほんとに!?
かなりムラのあるスペックですが、爆発力はある為狙える時は狙っていきましょう。
特に萌える要素は無いと思いますよ、僕は。 ふ、、、風花ァァァ!!

 

次点.P真・北斗無双 第3章 ジャギの逆襲


大当たり確率 : 1/199
ボーダー : 18/k
ラッシュ突入率 : 35% (時短1回転で1/2.86を引く!)
ラッシュ継続率 : 81%
最大ラウンド:比率 10R/1500玉:100%
遊タイム : 無し
ラッシュ突入率が低いのですが、突入してしまえば牙狼月虹と同じスペックで連チャンするというライトの中でも特に爆発力に振り切った感のあるジャギ。
連チャンスピードも速く、現状最高峰の時速が出ます。
ライトの確率でチャレンジできるとは言え、通常時は北斗無双3とあまり変わらず遅めなのでそれなりに重さを感じると思います。
メリハリが効いているので攻め気に逸る時、短時間勝負したい時などに向いているかと思います。
「もうジャギしかないっ…!!」という状況にはなりたくないですね

おまけ.Pとある魔術の禁書目録 Light PREMIUM ver.


大当たり確率 : 1/129
ボーダー : 19.5/k
ラッシュ突入率 : 100%
ラッシュ継続率 : 70%
最大ラウンド:比率 10R/1000玉:50%
遊タイム : 低確率369回転
おまけで、ほぼ甘デジの機種で遊タイム含め勝ちやすい台を紹介します。
遊タイムは低確率369回転なので、最初のST30回転だけプラスして399回転で発動という事を覚えておき、立ち回りに活かしてください。
連チャン力は低いですが、1000発が半分あるのでまとまった出玉をサクッと得る事もあります。

おまけ.Pあぶない刑事 129ver.

大当たり確率 : 1/129
ボーダー : 18/k
ラッシュ突入率 : 約42%
ラッシュ継続率 : 80%
最大ラウンド:比率 2R/120玉:100% (ヘソは4R)
遊タイム : 低確率350回転
このスペック帯ではボーダーが低いので実は打ちやすい機種。
小当たりラッシュ系ですが80%継続あるのでそれなりにまとまった出玉を得る事も珍しくありません。
遊タイムも意識した立ち回りを頭に入れておきましょう。

以上が2022年2Q(4月~6月)でのオススメ!ライトミドルになります。
ライトミドルは初当たり確率にしても1/199一辺倒ではなくなり、更にスペックが多彩になってきています。
ボーダーも良し悪しの幅が広く、事前にスペック、遊タイム等も含めて把握してから打ち出したいですね。
ライトに関しては地域差・店舗差が出やすく、設置状況もかなり違うので参考になるかはわかりませんが夕方稼働で初当たりと出玉のバランスが良いライトは攻め手として有効ですので是非チェックしてみてください。
遊タイム付きが減ったとは言え、入店した際はまず遊タイム台の回転数をチェックし、残り時間と回転速度を計算し天井狙いの判断をしてから打つ台の選別をしましょう。天井意識せずに打つなら天井無し機種をなるべく選ぶようにするといいでしょう。
昨今のパチンコの勝ち方は①時速②良釘③(あれば)ハイエナの3本立てをバランスよく、自分の環境に合った形で選択できるかどうかです。
しっかり考えて立ち回り、副業兼娯楽として成立するよう頑張りましょう!

さらに堅く副業するなら投資でおススメなのがこのアプリ。トラノコ!
ネットでの買い物、キャッシュレスでの支払いなどのお釣りを
投資に回し、少額貯金のように積み上げていく便利アプリ!
投資で気になるのが手数料や月額ですが、なんと月額300円の固定!
日々のパチンコの積み重ねとダブルで、ただの貯金より有利な投資をお勧めします。

“【パチンコ:オススメ】今、勝てるライトミドル!【2022年2Q版4~6月号】” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です