【ボーダー・スペック】CR地獄少女3 宵伽【サラリーマン的評価・感想】

ぼちぼち稼働も落ち着いてきたかと思います。

ボーダー上は非常に甘いこの機種、サラリーマン的には果たしてどうでしょうか?

サラリーマンとしてKUNIO的レビューをしたいと思います。

「CR地獄少女3 宵伽」

ボーダーの甘さに比例して釘が締まっているホールも多いのでしょうか。

KUNIOのよく行くホールでは意外にも結構良い状況です。

まずはボーダーから。

等価ボーダー 17.5/k

ヘソ4個返しのミドルとしてはかなり甘い部類ですね。

出玉が削られていると18ぐらいで計算した方がいいですが余り削られる事もなさそう。むしろオーバー入賞しやすく、こぼしも少ないので優秀な部類ですねー。

電サポ中の止め打ちはこれまたゲージが優秀でやりやすく、簡単なのでやってみましょう。7~8個打ち出しては止めるだけです。

基本スペック

 大当たり確率  1/298 → 1/129
 確変突入率  50.5%
 確変継続率  65%
 時短回数  70 or 100回転

確変突入率と確変継続率が違う、オーソドックスなV確の確変機です。

ですが、ここが特殊で、通常時は8個保留です。

時短が70回転と100回転がありますが…

・確変中に通常を引いた → 70回転

・ヘソで通常を引いた → 100回転

・時短中に通常を引いた → 100回転

となっています。

確変からの転落のみ時短が70回転となってしまう仕様ですが、元々甘いのでこれはまぁ仕方ないかな…

ヘソ割り振り

 16R確変  31.5%
  4R確変  19%
  7R通常  49.5%

8個保留なのでヘソと電チューの合算確率になります。

ヘソ消化時から1900発近い出玉の16R比率が高いのが甘い証拠でしょう。

初当たりから出玉を持てる、通常を引いても時短100回転付いてくる、というのは安心感がありますね。

ただ、突入が約50%なのはやはり気になるところです。

電チュー割り振り

 16R確変  60%
  4R確変   5%
  7R確変  35%

確変の60%が16Rと比率も十分。

通常でも7R分の出玉がもらえるのでまだ気持ち的にも楽。

まあまあ良いですね。ただ、そこまでボーダーいいか?と思ってしまうのですがw

しかし実際の稼働データを見てみるとやはり甘いらしいデータが見て取れますね。回っている台のプラスデータが多い。

そしてなぜか爆発力もかなりある様子。一撃20000発なんてのも見かけます。

手堅くいきつつ、60%の割り振りによる偏りで一撃もある。

ではゲーム性や時速はどうでしょうか?

通常 ★☆☆☆☆

ここで問題発生。

遅すぎますw

下手すれば1時間で当たり無しなのに200回転も回せない。

絶対に当たらないだろうリーチがかかりすぎ。しかもかなりくどい。

もし確率の2倍ハマりなんか喰らった日には3時間ぐらいかかる計算…

サラリーマンが仕事帰りに打つには「甘さと引き換えに当たらない覚悟」が必要になりそうですw

KUNIOは最も敬遠する台ですw

確変時短中 ★★★☆☆

遅すぎず、速すぎず。

せっかく消化自体は速くても確率分母がでかすぎて結局時間がかかる事も多く、速いわりに間延び感が否めません。

当たる時はあっさりでいいんですけどね…

総合 ★★☆☆☆

KUNIOは残念ながらほとんど打つ事はないでしょう。

サラリーマンの方々にもあまりオススメは出来ない…よほど回るか、いつでも打てるか、という条件でもなければ、率先して打ってもたいした回転数が取れず、ムラのうちに終わってしまうでしょう。

せっかくの甘い台が通常の過剰な遅さで台無しパターンだと思います。

まあ新規準における時速を下げるという意味ではこれでいいのかもしれませんが…これからどうなるんでしょうね。

今後の展開すらも心配になる、そんな台でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です